<   2005年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

10月23日 さあオフフィールドのことは忘れてWeek7 ラムズ戦です

c0033735_0101232.gif今週はいろいろあったのでファルコンズ戦については何もかいていなかったですね。すみません。セインツがあんなにオフェンスを回した試合は今シーズン初めて。2人のRBはDeuceのいない穴を埋めるどころかそれ以上の活躍。Smithのファンブルは本当に痛かったですが、それでも200ヤード近くを2人あわせて走ったのは見事でした。2人で80ヤードなんて予想してすみませんでした・・・。

しかしやはり納得いかないのは最後のFG失敗のときのTony Bryantに出されたホールディングの判定。実はこれは相手を押さえつけて後ろの味方がブロックをしやすいようにするテクニック。厳しくとれば反則のプレイなんだそうです。

しかしこれについては2点納得のいかない部分があります。1点目はこの前の週の試合でこれと同じようなテクニックをファルコンズがペイトリオッツ相手に使っており、その際には反則になっていなかったこと。スペシャルチームコーチのAl Evelestは、「反則だというなら反則にしてもらいたい。でもその判定が試合毎にコロコロと変わるのはつらすぎる。」と言っています。ジャッジメントコールですから明確な基準は難しいでしょうけれど、コーチとすれば作戦を立てることができなくなってしまいますから気持ちはわかりますね。

2点目は、この反則が、ファルコンズのFGが外れたあとで、フラッグが投げられたこと。反則だというのであれば反則したときに出せばいいのに、外れたことが確認されてから審判はフラッグを投げたんです。つまり、「あ~、はずれちゃったか。じゃあ反則」って感じだってこと。それはあまりにもひどいですよね。1点目の統一感のない判定であることの根拠がここにも現れているような気がします。

まあこの判定に不服だったHaslettは審判に暴言をはき、2万ドルの罰金だそうです。それでもHaslettは「審判は全体を通していいコールをしていたよ。でも最後のあのコールは、タイミングが絶対に悪い。間違っている」と言っています。私もあんな素晴らしい試合が、あんなへんなコールで決着がついてしまったことが残念。ライバルリー剥き出しの本当にいい試合だったのにな~って感じです。

とはいいながら、まあ負けは負けなんで、気をとりなおしていきましょう。

今週は2勝4敗同士の対決。うちはホームとRBを失いましたが、彼らはHCとQBがいません。ついでにおそらくエースWRもいません。まあそれはうちも同じかな。ということで、傷ついて調子が出ない2チームの対戦となります。

実はラムズの試合はあんまり見ていないんでコメントできないですが、それほどいい状態ではないようですね。コルツが相手とはいえ、先週は17点差をひっくりかえされ、40点以上をとられるというひどい有様。まあ50点以上とられたセインツがえらそうにいえることなどありませんが・・・。Bulgerが出ないなら超ベテランのMartinという選手がスターターになるようですが、出場すればほとんどどの試合でもインターセプトを連発していますから、プレッシャーを与えればセインツセカンダリー陣にもチャンスは訪れるでしょう。

セインツのオフェンスはWR陣がしっかりしてきましたから、まあ先週と変わらずバランスよくいけるとは思います。反則さえ少なくすめばですが・・・。

さあ、ラムズは長年のライバル。同じようにドアマットといわれた時期もありましたが、ラムズは素晴らしいチームに変貌をとげ、セインツも力的にはいいレベルまで来ていると思います。そしてこの両チームは常にいい試合をする。先週と同じように、緊張感を持ったいい試合になることを期待してます。

それでは予想です。

セインツ31-27ラムズ

Josh Bullocksが2試合連続でのインターセプト。Charles GrantとWill Smithがそれぞれ2サックずつ。今週は相手からターンノーバーを3つはとってくれるでしょう。

それゆけセインツ。ここで勝って波に乗って来週のドルフィンズ@バトンルージュへ突撃だ!
[PR]
by mardigrasmambo | 2005-10-24 00:10

10月20日 書き出すときりがないですが・・

どうも今回の一件は、どこかの新聞のEditrialに、セインツオフィスの上層部の誰かが「(復興後は)ニューオリンズに帰りたい」と書いたのを見たくそじじいBensonが怒ったことから始まったらしいです。

実はFielkowは2ヶ月前にBensonと衝突した際に一度辞意を表明していたらしいです。でもそこではオーナーはそれを認めなかった。しかし今回そのEditrialを見たときになんかしらないけれど怒りが爆発して、Fielkow解雇ということになったそうです。

他にも実はFielkowが認めた「バトンルージュのチケット売れ行きがあがってきた」というニュースリリースを見たベンソンがこれまた怒り、今後、その人が出すニュースリリースはすべてBensonが見るように指示をしたんだとか。あと、最初に書いたEditrialの一件の後には、オフィスの人たちに「ニューオリンズに帰りたいんだったら今日いますぐここから出て行け」なーんて感じで怒ったんだって・・・・。もはや理解不能です。

しかし例のサンアントニオ市長にはあきれます。「NFLコミッショナーのTagliabueが来シーズンスーパードームで試合ができなかった際のホームはバトンルージュにすると言っているのは単にサンアントニオをフランチャイズにしたくないからだ。でもバトンルージュを見てみろ。チケットなんて半分しか売れてないじゃないか。」なーんて言ってるんですよ。でもですね、サンアントニオはシーズンオープナーになったビルズ戦は実はチケット全部は売り切れてないんですよ。6万枚に達してなかった。それにこの間のアトランタ戦は売り切れたものの、9000人は会場に来ておらず、加えて5000人はアトランタのファンだった。

観客もどうやらカウボーイズファンが多かったみたいで、カウボーイズ戦の得点が電光掲示板に出るたびにみんな大騒ぎ。まあつまり今回のSold Outが彼らがフランチャイズを持てるなんて保証にはなりませんし、2週間後の試合であるバトンルージュのチケットの売れ行きと比べることすらおこがましい。

セインツファンの人がいいことを書いていました。

「ニューオリンズセインツのファンは、勝ち越しがない20年間や、プレイオフに1度しか勝ったことないこのチームを38年間応援しつづけてきた。そういう逆境でも応援しつづけてきたのがニューオリンズセインツのファンだ。それが単に1試合売り切ったからってえらそうなことをいうんじゃない」

まさにその通り。サンアントニオの人たちに罪はないですが、本当にこの市長はひどすぎ。。

逆に今回のカトリーナでかなり有名になったニューオリンズ市長のネーギンは、「チームをサンアントニオに持っていくなら持っていけばいい。でもセインツはニューオリンズのものだ。ロゴもすべてニューオリンズのものだ。我々はセインツを本当に必要としている。セインツはニューオリンズに帰ってくるものだ。我々はセインツは必要で、オーナー(Benson)は必要ない」と言ってます。

つまりブラウンズがバルティモアに移ったあとにレイブンズになったけれども、ちゃんとクリーブランドにはブラウンズがまたできたのと同様に、ニューオリンズにセインツが残るようにするという意見です。

ただこの場合セインツは残りますが、我々が応援してきた選手やコーチ達はみんないなくなってしまいますし、エクスパンションチームになってしまいますから、それが認められるかどうかは不安なところです。

やはり、まあBensonはどうも結婚ボケか年をとりすぎたのか頭がおかしくなっているようですので、このあたりで引退していただき、その後をひきつぐ孫娘(Rita)に良識というものを教え、ちゃんと今までの継続でセインツをニューオリンズに留めるようにしてもらいたいです。

最後にわれらの愛するJoe Hornの一言で締めましょう。

「サンアントニオは本当にいいところだ。ファンのサポートも本当にすばらしい。ここでプレイするのは本当に楽しい。でも我々セインツはニューオリンズセインツなんだ。俺はやはりニューオリンズに帰りたい!」
[PR]
by mardigrasmambo | 2005-10-21 00:33

10月18日 大ピンチ(衝撃の速報)

c0033735_2364411.jpg速報というほど早いお知らせではないですが、衝撃のニュースが飛び込んできました。まあ日本でこのニュースを提供しているのは私が早いほうだと思いますので、速報ということにさせてください。

セインツのExective Vice PresidentのArnold Fielkowが解雇されました。
セインツのファンでもかなりコアの方じゃないと彼の名前も聞いたことがないとは思いますが、彼はセインツのビジネス面のオペレーションについての責任者です。つまり、GMとしてチームを支えるのがMickey Loomis、そしてチケットの販売やルイジアナ州との交渉、ファンとの集いやさまざまなチームの運営について頑張っていたのが彼です。

私の記憶が確かであれば、彼は2000年にチームの建て直しを図ったときに雇われた人で、雇われるまでは野球の経営という世界で生きてきていました。セインツの入ってからは、36ゲーム連続でチケットソールドアウトやルイジアナとの総額18600万ドルの契約と、がんばってきた人です。ちなみにカトリーナの被害の後にサンアントニオと交渉したのも彼です。

さて、ここまで読んでも、まだ、「その彼が解雇されたことがなんで衝撃?」って思われている人も多いと思います。

彼は月曜日に解雇されたんですが、そのときは突然オーナーに呼び出され、「5分以内に、雇用契約書に書いてあったことをすべて放棄するという契約にサインしろ。さもなければ解雇だ」と言われたんだそうです。彼は弁護士と相談してからでないとサインできないと言って部屋から出て行ったらしいんですが、それで解雇されたそうです。

そして実はオーナーとは途中でこんな会話がされていたらしい。

オーナー:「俺はキミの体が心配なんだよ。あんまり体調よさそうじゃないな。飛行機があんまりよくないんじゃないか」
Fielkow:「・・・・・・・。私はあなたを傷つけた覚えはないですよ」
オーナー:「いや、キミは2ヶ月前に私を傷つけた」

最初の健康面というのは全然根拠のないただのうそっぱちですが、この2ヶ月前に彼が傷ついたというのは、カトリーナで被害があったあと、今シーズンのホームゲームをどうするかという話についてなのです。

実は今回のカトリーナの件でサンアントニオでホームゲームを全部やりたいというオーナー:Tom Bensonに真っ向から反対してルイジアナのファンのためにバトンルージュで一部の試合をやることを提案したのは彼。最終的にNFLコミッショナーからも諭されて4試合をバトンルージュで実現することになりましたが、ここでBensonは本当に怒っていたみたいです。

ここまで読めば今回のタイトル「大ピンチ」の意味がみなさんわかってきたと思います。セインツファンの掲示板ではほとんどの人が「これでニューオリンズセインツは終わった。サンアントニオセインツの誕生だ・・・」と嘆いています。そう、この解雇はオーナーの希望する「サンアントニオセインツ」実現への第一歩なのです。

さて、ここで本当に私が腹が立つ人材がこのオーナーともう一人。それはサンアントニオ市長のPhil Hardberger。こいつは、この今のニューオリンズがカトリーナの被害から立ち直ろうとしてるときに、「私はサンアントニオがセインツのパーマネントホームになるように努力する」とオフィシャルなコメントをしたのです。

もちろん我々セインツファンは、遠いところからやってきたセインツを暖かく迎えてくれて、すごい応援をしてくれるサンアントニオの方々に大変感謝しています。ビルズ戦や昨日のファルコンズ戦を聞いていたら、いかに彼らが頑張って応援してくれているかがわかります。「セインツがサンアントニオに来てくれたらうれしい」と思っている人も大勢いらっしゃると思います。

でも今はセインツは「ニューオリンズセインツ」。Hornや他のメンバーも言っていたように、セインツの選手たちはカトリーナの被害で多くを失った人たちに少しでもパワーをあげようとがんばっているんです。そのような状況なのに、このカトリーナの被害に便乗して、チームを自分のところに誘致しようなんて、本当にこの市長は何を考えてるんだという感じです。もし少しでもニューオリンズという街に対して、被害者の人たちに対しての思いやりがあるのなら、例え心の奥底にフランチャイズを誘致したいという思いがあるにせよ、「ニューオリンズの人たち、元気になるまで自由にサンアントニオを使ってくれ。困ったときはお互い様だ。」っていえるんじゃないでしょうか。

例えばニューオリンズがカトリーナの被害から立ち直ったあと、そしてスーパードームで復活のホームゲームを行った後に、「やっぱりサンアントニオの方がフランチャイズとしてふさわしい」という話になって、サンアントニオ市長が頑張って誘致をするというならわかります。しかし、このボケたオーナーと、バカサンアントニオ市長はなんでしょう。ニューオリンズの人たちのちっちゃいかもしれないけれど希望であるセインツを、何もなくなった状態からさらに奪おうとしているんです。

WWLのセインツ実況をいつもやっているJim Hendersonのコラムにこういうのが載っていました。私も本当に同じ気持ちです・・・。

A Saints fan displaced to San Antonio put it best, "taking our team now under these circumstances would be like stealing a dead man's wallet.' The mayor has his hand in our pocket. I guess the choice is to report the crime, or help him roll over the body to make it easier.

さあ、近々オーナーがオフィシャルなコメントを発表するとは思いますが、どうなるんでしょうか。もしかしたらというか、かなり高い確率で、サンアントニオセインツへのカウントダウンのような気がします・・・(涙)
[PR]
by mardigrasmambo | 2005-10-18 23:07

10月16日 正念場ですな・・・ Week6 ファルコンズ戦です

パッカーズ戦の分析を書くって書いてしまいましたが、あんな試合二度とみたくないんで、かすかな記憶をもとに・・・。まあDVDにも落とさないことでしょう・・・・。消滅あるのみ。。

相手のランオフェンスはそれなりに封じていたと思いますが、やはりよくないのはパスディフェンス。ブリッツもどうしてかわからないんですがあまり入れてませんでしたね。4人でのパスラッシュでどうにかなるとふんでいたのでしょうか。まあセインツのラインはDEについてはかなりすごいと思いますが、それでも4人で常にFavreにプレッシャーを与えつづけるのは無理でしょう。結局、プレイアクションとかでかなり時間をもたれて、中距離のパスを決められてしまうという感じでした。せっかく3rdダウンまで持っていっても、ちゃんとパスで1stダウンを決められてしまうという感じでした。Venturiの甘いディフェンス計画だったんじゃないかと思います。

あとはその甘さに加えて、LBとセカンダリーのパスディフェンスの甘さでしょうか。ゾーンで守ることが多かったみたいですが、穴だらけ。ルーキーFS:Josh Bullocksに多くを期待するのは難しいですし、まだまだMLB:Courtney Watson、WLB:Colby Bockwoldtもパスカバレッジはヘタみたいですねぇ。つらいところです。

何がつらかったかって、今回の試合は本当にいいところがなかった。Jon Carneyもあんな短いFGを2発連続で外すようでは、来シーズンはセインツにいないかもしれませんね。パンサーズ戦では肝心なところで決めてくれましたが、実はあの試合でも1つ外していますし、先週も1つ外しています。今回も1/3ですからね。よほど今後がんばらないとしんどいかもって気がしました。

ってなことで嫌なことは忘れたいんですが、Deuceを失い、他にもあまりにもケガ人が続出しており、本当にあんな寒いところに何しに行ったんだって感じです。

ちなみに今日の試合に向けてのインジュアリーリストでQuestionableなのが以下のひとたち。ちょっと多すぎ・・・・。CB Fakhir Brown (Knee)
T Jammal Brown (Ankle)
TE Ernie Conwell (Back)
WR Joe Horn (Hamstring)
DE Darren Howard (Knee)
G Kendyl Jacox (Knee)
G Jermane Mayberry (Shoulder)
TE Shad Meier (Knee)
OLB Terrence Melton (Ankle)
SS Mel Mitchell (Hamstring)
OLB T.J. Slaughter (Groin)
RB Aaron Stecker (Ankle)

RT:Jammal Brownは今週練習に参加していないので、不出場が濃厚。この2試合休んでいたJoe Hornは、今週は休まずに練習しているんで、出場の可能性は高いようです。よかった。

さてと、まあとはいっても試合は行われ、そしてVickは出場濃厚。いまだセインツはVickの率いるファルコンズに勝ったことがありません。ちなみにいないときには全部勝ってます。さあ、そろそろあのチョコマカチョコマカ走り回るQBを捕まえて、勝率5割にもっていきたいところです。

そういえばDwight Smithがタンパ時代にVickを抑えるディフェンスというのを実践していたようで、まだセインツのディフェンスはその域までいっていないけれど、いいところまではきているんだとか。その秘訣とは、お互いを信じて、無理してつかまえにいきすぎないこと。スピードにスピードで対抗しようとしてもだめ、、というものらしいです。

まあとはいっても、なかなかね~。Vickも怖いんだけれど、あのチームで一番こわいのは、Warrick Dannだと思います。セインツはたぶん彼にものすごく走られていると思う。普通のランでも走られ、パスだと思ってVickをつかまえに行ったらスクリーンで走られ、そういうことを気にしていたらVickに走られ、って感じじゃないでしょうか。あ~、こわいこわい。

さあ今日の試合で期待できるのは、オフェンスはAaronが頑張ってミスをしないゲームをすれば、200ヤードくらいはとれるであろうパスオフェンスでしょうか。3-4ディフェンスでかなりブリッツをいれてくるでしょうから、本当にAaronの落ち着きが求められますし、だからこそランオフェンスが必要なのですが、今までの状態だとSmithにはあんまり期待できない気がします。ケガから復帰のSteckerをチェンジオブペースで使いながら、まあ二人合わせて80ヤードくらい走ってくれれば御の字って感じだと思います。

ということでやっぱり肝心なのはディフェンスですね。ランも結局あんまり止められてはいないものの去年よりはレベルアップしていますね。でもパスディフェンスは相変わらずザル。今回はそれなりにブリッツをいれながら、マンツーマンで守った方が、先週の試合よりは安定できるんじゃないかと思ってます。ただTE:Clumplerを抑えられるような気はしませんが・・・。

ということで、今日はかなり弱気ですが、予想です。
c0033735_23261456.gif


ファルコンズ20-23セインツ

20点で抑えられればなんとか勝つチャンスがある気がします。そして今日はインターセプトの匂いがかなりします。。頼むぞ、MM。頼むぞ、Josh。そしてディフェンスをがんばって率いてくれDwight。

さあ、5割目指してGo Saints Go!!
[PR]
by mardigrasmambo | 2005-10-16 23:25

10月11日 大被害

試合について特に詳しく書くつもりはないです。
何から何までダメダメでしたから。何のためにスピーカーの延長コードまで買って、テレビ+ラジオ音声で応援したのか・・・・。まあ、やっぱりJim Hendersonの解説はわかりやすかったですけどね。

それで分析はまあ後日ということで、つらい情報をひとつ。

テレビを見ていた人は知っていると思いますが、3Qか4QでDeuceがケガをしました。あしを引きずりながら外に出ましたが、実はひざの靭帯を断裂していたようです。2nd、3rdオピニオンを今週もらうことになっていますが、ほぼ確実。シーズンエンドということになりそうです。

痛い、、、、、痛すぎる、、、、、、。残りのシーズン、何に希望を持って応援すればよいのか・・・。

ちなみに、Kendyl JacoxとJamal Brownも足首をケガして、次の試合はQuestionable。それに加えて、Sedric Hodgeは、薬物乱用により1年間の出場停止が言い渡される可能性が高いんだとか。彼は去年4試合出場停止になりましたが、繰り返しやったために次は1年なんだそうです・・・。

つらすぎる1週間ですね・・・・。ファルコンズに勝って、いやな雰囲気を吹き飛ばしてほしいものですが・・・。
[PR]
by mardigrasmambo | 2005-10-11 13:37

10月9日 今日かてなきゃ! Week5 @GreenBay

さあシーズンも2Qに突入。Week5です。相手は開幕4連敗中のパッカーズ。こういう状況に弱いセインツとしては、最も嫌な相手ですね。それに別にボロボロに負けているわけじゃなくて、この3試合は合計で6点差の僅差での敗戦。先週もマンデーナイトで怒涛の追い上げを見せていました。逆転が得意なFavreらしい試合だったといえますね。

とはいいながら、パッカーズはロースター的に今すごくしんどい状態です。開幕戦でWR:Javon Walkerを失い、そしておそらく今週はエースRB:Ahman Greenはひざのケガのために欠場。ブロッカーTE:Bubba FranksもQuestionble。さらに、スターターのCとLTも欠場予定。オフェンス的にはかなりボロボロの状態と言ってもいいでしょう。

ディフェンスはそれほど悪くないようですが、まあそれほど強いチームと当たっていないことを考えると、セインツのオフェンスはつけいる隙はありそうです。Deuceに注力してくると思いますが、今週はKendel Jacox、MayberryというGの2トップがスターターでしょうから、まあ試合の主導権さえとられなければ、Deuceの2試合連続100ヤードゲームは堅いでしょう。

さて、この2試合で11サックと調子を上げているセインツのDLですが、相手のOLが弱いこともあり、今週は期待できそうです。ただそれは相手も予想しているでしょうから、タイミングの早いパスを多用してくるのではないかと思います。それだけに、LBのプレイが重要ですし、あとセインツがよくやられるスクリーンには気をつけておきたいところです。今年のセインツはセカンダリーが安定しているせいかアグレッシブなディフェンスを展開できていますから、今週も引き続きやってくれることでしょう。ファンブルが多く、ターンノーバーではリーグ最低のパッカーズですから、今週も2ファンブル2インターセプトくらいは期待しておきましょう。

ということで予想です。

セインツ35-20パッカーズ
ターンノーバーを奪って序盤からセインツが主導権を握り、3Qまでで試合を決めてくれることでしょう。若干の追い上げもあるでしょうが、Deuceの力強いラン攻撃で時間をコントロール。相手に5敗目をプレゼントして、今シーズンを終わらせてくれるはず。

Stallworthはまさに今年開花。今週はTDを見せてくれるでしょう。ディフェンスは2ファンブルリカバリー、2INT、そして5サック。Favreにリズムをつかませない試合を展開してくれるはず。

さあいけセインツ。ここで勝って来週のファルコンズ戦を迎えるぞ、オー!

ちなみに今日は今シーズン唯一のGAORAでの生中継。いやー、明日休みでよかったです。
そして、ラジオ観戦している方にはおなじみの、「テレビの音声を切って解説はラジオで聴く」というのを初めて実践してみようと思います。おそらくラジオのストリーミングの方が遅いと思うので、テレビ放送をHD録画で若干後ろにずらしながらやってみようと思います。

いやー、楽しみだな~。さあいくぞ、Go Saints Go!!!
[PR]
by mardigrasmambo | 2005-10-09 23:46

10月6日 Joe Hornとゴルフ

今日は特にニュースはないのですが、掲示板をチェックしていたらおもしろい投稿を発見。

その方はサン・アントニオに住んでいる方で根っからのセインツファンなのですが、彼の高校生の息子が月曜日にゴルフをしにゴルフクラブに行っていたらしい。そうすると、Joe Hornが一人でやってきていっしょに回るメンバーをさがしていたんだとか。結局その息子さんと彼の友達、そしてJoeが一緒にラウンド。なんかセインツファンにとっては夢みたいな話ですね。アメックスのポイント特典で青木功と一緒にゴルフなんてのがありますが、あれは青木とラウンドできるのはたった1ホールだけ。この息子さんはJoeと1ラウンドですからね~。まあJoeがゴルフを教えてくれるわけじゃないですけど・・・。いいな~

それで9ホール終わったところでJoeがみんなに飲み物を買おうとしてくれたらしいんですが、なんと彼の財布には6ドルしか入っていなくて、結局息子さんに20ドルを借りることに。なんか1万ドル入った財布をラウンド中に3回も落としたMichael Jordanとは大違いですね・・・。

結局、来週の月曜日にもう一度一緒にラウンドしようという約束をして、Joeに彼は電話番号を教え、いまJoeの携帯電話には彼の電話番号が入っているそうです。例の携帯電話事件があっただけに投稿では「携帯電話」ってところが笑うポイントになってました。

あとお礼にアトランタ戦の最前列のチケットももらえる約束をしたそうです・・・。うらやましいな~。この投稿した方も月曜日は仕事が休みだから一緒に回るんだと楽しみにしてました。

ちなみに、Joeはそれほどゴルフは上手じゃないらしく息子さんが75くらいでまわって(息子さんはゴルフ部員らしい)、Joeは95くらいだったんだとか。

ということで、今日はこんなとこで。
[PR]
by mardigrasmambo | 2005-10-07 01:02

10月5日 安心の試合運び 祝2勝目

いやあ、久しぶりに4Qの最後は安心して応援できた試合でしたね。
最初のプレイで25ヤードも走られたときには、おいおいって感じでしたし、ブリッツ攻撃が全然うまくいかずに最初のシリーズでTDまでもっていかれて、こりゃやばいかなあと思いましたが、それ以降は完全に相手の攻撃をシャットアウト。結果的には200ヤードくらいしかディフェンスは攻められませんでしたからね。

さて今回の勝因は、、、
①ターンノーバーが0だった
②ペナルティが奇跡の4個だった
③Stallworthがかなりの活躍
④Deuceが後半になって調子があがってきてボールコントロールがうまくいった
⑤パスプロが結構もった
⑥前半最後のビルズキックオフリターンTDをFred Thomasが止めた

というところでしょうか。最近2試合は自滅気味でしたから、そういうミスが少なければ、まあそれなりに試合になるというのが証明できたゲームでした。

そんなに大きなケガ人も出ませんでした。Jay Bellamyの代わりに入ったルーキーS:Josh Bullocksもチームで2位のタックル数で、それほど大きなミスもなく活躍できていたようです。今後、期待が持てますね!

さてこんな楽しい試合だったにもかかわらず、スポーツセンターでは大きく取り上げられず、NFLのField Passでもあまりインパクトのある映像じゃありませんでした。それで最近セインツの掲示板にハイライトがアップされるので探してみたらありました!ハイライトビデオ。いや~、気分が盛り上がりますよ。ぜひとも見てみてください。実はもうひとつ入手しているのですが、それは中身をチェックしてからサイトをお教えしますね。

ハイライトビデオはこちらです

さて来週は冬将軍が率いるパッカーズと、敵地で対戦。そしてパッカーズはまだ1勝もしていません・・・。初物に弱いセインツ、大丈夫でしょうか。ちなみにパッカーズはケガ人だらけで、Ahman Greenもケガして次の試合どうなるかわかりませんし、初戦でエースWR:Javon Walkerもシーズンエンドのケガ。ついてないね、Favre。まあそれでもなんといっても史上最高のQBですし、なんやかんやいいながら、この間のマンデーナイトも3点差まで詰め寄りましたからね。油断は全然できません・・・。でもまだそんなに寒くないだろうし、セインツも頑張ってくれることでしょう。

ではでは。
[PR]
by mardigrasmambo | 2005-10-06 01:05

10月2日 さあWeek4 止めるぞ連敗

ごぶさたです。生で応援しないとこんなに弱いのかと思うくらいの弱いセインツですが、今週は連敗チーム同士の対決です。たぶん3年前に戦ったビルズ。あのDeuceの財布や車から数千ドルを盗んでチームを去ったWR:Albert Connellが唯一活躍した試合。その頃からそれほど強くなった印象はありませんが、QBはTulane出身のLosman。3試合の平均獲得ヤードが120ヤードくらいと、かなりダメダメな状態。ただRB:McGaheeは毎試合100ヤード近くで活躍中。もともとディフェンスには定評があるチームだけに、セインツがターンノーバーをやらかさないかどうかで決まりそうです。

セインツはここ数年の傾向と同様に、この2試合も2TD差以上をつけられてハーフタイムという、本当にひどい立ち上がりです。2試合連続でオープニングキックオフをファンブルするなんてどういうことでしょう。ついてないのか、浮き足立っているのか・・・。

さてセインツは今年はケガ人続出。この2試合で、Michael Lewisと、Jay Bellamyを失いました。リターナーはDevery Hendersonあたりがやるのかなと思いますが、注目はJay Bellamyの代わりにスターターになる、ルーキー:Josh Bullocks。大学時代はSammy Knightもびっくりのインターセプト王でした。一応彼がFSに入って、Dwight SmithがSSにコンバートされるらしいですが、この2人のスピーディーなセカンダリーは少し期待できます。

こんなひどいセインツでもいい話がひとつ。2年目WR:Devery Hendersonがようやくその能力を開花させはじめました。Joe HornとStallworthにスターターCBがつくために自由に動くことができるというのもあるでしょうが、前回の試合でも66ヤードキャッチ等、かなり調子はよさそうです。Joe Hornがケガしているのが心配ではありますが、一応これで3人のレシーバーは揃った感じはします。

ということで予想です。

セインツの本当の意味でのホーム開幕戦@Alamodome
ビルズ10-31セインツ

ディフェンスがLosmanにプレッシャーを与えつづけ、サック&インターセプトまみれにしてくれることでしょう。そのおかげでDeuceは25回キャリーで150ヤード。2TD。DeveryもNFL初TDを記録するでしょう。

さあ勝率を5割にもどせ!いけセインツ。Go Saints!!!
[PR]
by mardigrasmambo | 2005-10-03 01:04